デザイン&収納力で選ぶなら、フェラガモ・バッグ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サルヴァトーレ・フェラガモ亡き後のフェラガモは、「Made in Italy」を徹底的にこだわり、ライセンス契約もサングラス以外には行わず、現在に至るまで守られており、それまでのスタイルを貫きました。 2003年5月、日本の銀座中央通りに700平方メートルの旗艦店をオープンしました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。